タコ釣りの釣具 炎の海釣り!

タコ釣りの釣具

防波堤のタコ釣りの釣具は高価なものは必要ないです。
隣接する釣具店に安価な物が色々売ってますが、店頭商品の一番安いものでもナンとでもなります。

この釣りはそれこそ炎の気合でガンガン釣りに行く人も、ファミリーフィッシング感覚で気軽にやる人、お年寄りから子供まで、あらゆる波止釣りアングラーが楽しめる釣りです。

しかも手軽で簡単と言う事から、釣具店も季節になったら(まあ、梅雨時分になったらですが・・・)、店頭に調子の良さそうなロッドやリールを山積みにしてお客さんを待っているような釣りなんですね。

せっかくですから、こういう釣具を大いに利用させてもらって、大いに楽しみたい所・・・
こう思います。

では、防波堤のタコ釣りの釣具を、色々解説してみましょう。

タコ釣りの釣具

タコ釣りの釣具は基本的に下記の4種類がメインの釣具で、この他には「スカリ」、「クーラーボックス」、それに装備として、ライフジャケットやハサミ、プライヤーなんて言う物が必要であったり、あった方が良かったりします。

基本的な4種類の釣具、すなわち・・・

  • ロッド
  • リール
  • ライン(道糸)
  • タコジク

こういうことですね。

タコ釣りの釣具

それぞれは思いっきり単純にとらえられてOKです。
注意点とか特徴としては・・・

  • 竿は硬ければOK(出来れば3mまで)
  • リールは丈夫であればそれでイイ(スピニングか両軸か、どっちでもいいです)
  • ラインは出来ればPEラインが扱いやすいです、ハリスは要らないです
  • タコジクは根がかりの頻度にも寄りますが、半日で5つから10個程度は欲しいです

仕掛けはタコジクをセットするだけの至って簡単な仕掛けですが、「タコジクを躍らせる」と言う誘いのアクションが必要です。

このため、ロッドは硬め、短めを選択するのが基本と言ってもイイでしょう。
少し拘る人は、ジギングロッド(もちろん硬め)を選ばれるとイイと思います。
かく言う私も、安物のジギングロッドがタコロッドのメインロッドです。

一般的な釣りの情報誌では、タコ釣り用のロッドは船竿の50号程度と書かれてあるものが多いですが、船竿を選択する場合は、真鯛用のものは避けるようにして下さい。
真鯛用のロッドは、ロッドの調子が5:5になっているものが多く、胴調子のロッドではタコジクにアクションを付け難いです。
青物用のカチンカチンのロッドがあれば、それの方がイイです。(チョット重いかも・・・?)

リールは両軸リールがおすすめですが、チョイ投げとかするとバックラッシュも誘発する事になります。(まあ、上手に投げれば良いんですが・・・)

スピニングリールを選択すると、根がかりが多発するタコ釣りでは、リールの寿命が極端に短くなります。
まあ、色々考えると両軸リールが勝ります。

ラインは伸びが少なく、劣化に強いPEラインがおすすめです。
特に伸びが無い点がタコ釣りに向いていて、底や壁の状況が掴みやすいのがPEラインの特徴です。

ナイロン糸は出来れば8号から10号くらいがおすすめ(糸を太くすることで、タコジクのロスを少なくします)ですが、このくらいのラインの根がかりを切るのは、3連発くらいでやってしまうと、殆ど「格闘」です。(^_^;)

PEラインはその点、伸びが無いから切りやすいです、PEの3号から5号程度がイチオシで、釣具店の店頭のワゴン商品で充分です。

タコジクは、狙うポイントによって、タコ型か舟型に分かれますが・・・
これはタコ釣りの仕掛けで・・・

防波堤のタコ釣り


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。