タコ釣りの仕掛け 炎の海釣り!

タコ釣りの仕掛け

タコ釣りの仕掛けは超シンプルが基本です。

ナンと言っても、この釣りはハリスも必要ないですし、タコジクを使用すればエサも要らないです。(タコテンヤでアジやカニをエサにする釣りもありますが・・・)

ロッドを延ばしてリールをセット、道糸を通してタコジクを結ぶだけ♪
これで仕掛けが出来上がりです。(←釣情報にならん・・・汗)

注意する点としては・・・

  • タコジクは二種類ありますが、その使い分けは・・・
  • カラーのバリエーションがありますが、どのカラーがどういうパターンに良いのか?

まあ、実践で私自身が物にしたタコ釣りテクニックですが、少しでもあなたの参考になればと思います。

防波堤のタコ釣りの仕掛け

梅雨時分の小型から中型のタコがメインの釣りの場合、タコジクは市販のもので充分にその役割を果たしてくれます。

晩秋から初冬に掛けての大型のタコ狙いの場合は、テンヤを使用して、生エサ(アジやカニなど)や豚の脂部分などで釣る釣りもありますが、これは別項でのべるとします。
(ちなみに秋口のデカいタコもカニの模型の付いたタコジクで釣れたりします・・・)

中小型のタコ狙いの場合、タコジクは大きく分けて二つ、すなわち・・・

タコ型タイプのタコジク
タコジク、タコ型
  • タコ型タイプか・・・
  • 舟型

この二種類を使い分けていけばOKなワケですね♪

使い分けは基本的に・・・

  • タコ型タイプは際の釣り、壁の釣りで使用する
  • 舟型タイプはチョイ投げで底を釣る場合に使用します。

タコ型タイプは、パール玉の下にオモリをつけて、タコベイトをかぶせたものが主流です、針はそのオモリから360度四方にイカリが出ている形をしています。
投げて、仕掛け(タコジク)が横を向くと、根がかりは必至です。

このタコ型タイプのタコジクは、防波堤の壁部分のイ貝の層を狙う場合や、ベタ際の一番底を狙うような、仕掛けが垂直に入っている場合に適していると覚えておいてください。

舟型タイプのタコジク
タコジク、舟型

舟型のタイプは、パール版の下にオモリをつけた形をしていて、イカリは上方向を向くようになっています。
このため、チョイ投げで引き釣りをしても、根がかりが少なくなるよう設計されているわけですね。

この両者はどちらの方が良く釣れると言うものではなく、用途に合わせた選択をして、できるだけ快適に釣りをするようにすれば、必然で釣果は上がってきます。

号数は、一点仕掛けでやる場合は、20号程度が扱いやすく、多点仕掛けでやる場合は5号程度の軽めのタコジクが扱いやすいです。
まあ、船形は一点仕掛けが基本で、壁を狙うタコ型の場合は、壁のタナを広く狙う意味で多点仕掛けが勝ります。もちろん好釣果を出している人も多いです。

タコジクはカラーのバリエーションも豊富です。
基本的には、赤、ピンク、白のいずれかを使用する人が多いです。

最も基本的なカラーはピンクか赤でしょう。どちらを選択するかはアングラーの好みで分かれるところですが、私の経験上で言わせて貰うと・・・

  • 好天が続いた場合は赤のノリがよく
  • 雨後の水潮が少し入ったときはピンクのタコジクに爆発的な好釣果の経験があります。

ナンでかは、タコに聞いて欲しいですが、経験則から天気の良い日が続いたら赤、雨後はピンクと言うくらいでメモリーしています。
もちろん、パターンを外して、色々試す事も肝心ですが・・・

波止際狙いのタコ釣り


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。