タコ釣りと波止釣りの基本知識 炎の海釣り!

タコ釣りと波止釣りの基本知識

防波堤のタコ釣りは超シンプルで老若男女を選ばず楽しめる釣りです。
ただ季節的に夏場がメインの釣り物ですから、それなりの装備も必要になってきます。

防波堤の釣りでも一文字に渡ってしまうと、何かあっても基本的に次の船が来るのは早くて1時間後です。
特に女性の方のトイレの心配、お年寄りの水分補給、それに日焼け対策・・・、こういった事は前もって用意すべき物があったり、渡船利用時の約束事を知っている事で未然に防げたり、ストレスを軽減できたりします。

海は内海の防波堤と言えども、一歩間違えると大変恐ろしいものです。
海を楽しいものにするか、危険なものにするかは、釣りをするアングラーその人に掛かっていると思って頂いて間違いないと思います。

まあ、説教を垂れる気は毛頭無いので、タックル、仕掛け以外に用意すべきもの、あった方が良いもの、それに渡船利用時の注意事項など、ぜひ参考にして下さい。

海釣りに必要なもの

最低限の釣具があれば釣りをする事は確かに可能です。(岸壁に車を横付けでチョ投げとか・・・)
しかし、渡船を利用した防波堤の釣りは色々な約束ごとがあったり、必要なものがあったりします。

その代表的なものが・・・

ライフジャケット

ライフジャケットは文字通り命を守るジャケットです。
これを着用して釣りをするのは、防波堤で釣りをする際のアングラーの常識と言って良いでしょう。
(最近では未着用は渡船利用できません)

ライフジャケットは利用する渡船店、あるいは海釣り公園等では有料(無料の場合もあるかな?)で貸し出しをしている場合もあります。
レンタルを希望する場合は、釣行を考えている渡船業者に前もって確認の連絡をするようにして下さい。

ただ釣りを趣味として続ける場合は・・・、
ここだけは炎の気合で断言させていただきますが・・・

市販されているものでOKですから、出来るだけ上等なライフジャケットを購入するようにして下さい。

ライフジャケットの安物ほど怖いものは無いです。
新しいうちはそれなりの機能は果たしてくれると思いますが、数度の使用で機能的に満足のいかないものになれば、何かあった時には命取りになります。

ライフジャケットに関しては、ダイワやシマノ、がまかつと言ったブランド物が良いです、それも磯釣り対応の物が良いです。

携帯電話

いまや持っていない人は殆どいないと思いますが、何かあったときに携帯電話は重宝します。
尚、緊急連絡は、海上保安庁では、緊急通報用電話番号を 局番なし118番(無料)として設定していますので、有効に活用して下さい。

タコ釣りにあった方が良いもの

手軽で身近の防波堤で楽しめるタコ釣りですが、夏場の防波堤は風がなくなると、蒸し風呂のような環境になる事も稀ではありません。
水分補給、それに効率的にタコをポコポコ釣るためにあった方が良いものが以下です。

クーラーボックス

釣れてから氷を入れるとクーラーボックスは軽いですが、氷を入れていない夏場のクーラーボックスは、下手をすると中は蒸し風呂です。(^_^;)

冷たい飲み物をペットボトルで確保しておくと、体力の消耗も幾分かは和らぎます。サイズ的には11リッタークラスが防波堤の釣りには扱いやすいですが、少し大きめの物の方が扱いが良かったりもします。
外側にバックを取り付けてみたり、竿受けを付けたりして改造すると、使い勝手は格段に良くなります。

クーラーボックスはあった方が良いものに入れてますが、夏場は必要なものにしても良いかもしれないです・・・

スカリ
この網の目ではタコは全部逃げます。オキアミの解凍用のネットを中に入れます

フットワークを活かした釣りをするタコ釣りでは、スカリを持って釣りをすると釣れてもいちいちクーラーまで戻らなくても良いですから、非常に便利です。

スカリは必ず網の目の細かいものをタコ釣りでは使用します。網の目の大きいものは、骨の無いタコは足の付け根まで入る網の目ならば、そこから逃げ出します。網の目の大きめのスカリしか持っていない人は、中にオキアミの解凍用のネットや100円均一で洗濯用のネットなどを買って来て、それに入れてからスカリに入れるようにします。(口元は開かないようにシッカリと縛っておく事)

この他、ハサミやプライヤーなどは、あれば非常に便利です、小型のものをライフジャケットに装着するか、ポケットに忍ばせておいて使うようにして下さい。

渡船利用の約束事項

渡船を利用する際には、各渡船店によって色々約束事項が違いますが、防波堤の釣りの場合はおおよそ次の約束事項が一般的です。

  • 渡船の乗り降りは決まった場所がある(釣りをするにも船付きは避けてやる)
  • 撤収等の判断は船長の一任で、船長の決定事項は遵守する
  • トイレの利用は渡船が、おおよその場合1時間に1便くらい送迎と様子見に来るので、その時に利用する
  • 当たり前ですが、自分で出したゴミは自分で処理をする

この他、暗黙の了解で、ポイントに腰を落ち着けて釣りをする場合は、ケーソンの継ぎ目に陣取って、間に割って入らないとかありますが、込み合っている場合や、目指すポイントで他のアングラーさんとバッティングした場合は、一声かけて、迷惑にならないように釣りをすればそれでOKです。

船付きは落とし込みやタコ釣りなど、フットワークの軽い釣りをするならばOKですが、投げ釣りやフカセ釣り、エビ撒き釣りのように腰を落ち着けてする釣りは渡船の着岸の邪魔になります。ケーソン1枚以上は横に陣取るようにします。

撤収の判断は船長、および渡船店が気象状況などを考慮して、安全第一で決定されます。これに逆らうのは自分と渡船店だけでは無く、他のアングラーも大いに危険に巻き込むことを意味します。船長の言う事が聞けない人は、釣りをする資格が無いと言い切って大丈夫でしょう。

その他、迷惑行為や危険行動も船長から注意がある場合がありますが、必ず遵守するようにして下さい。

女性の方のトイレ使用、あるいは男性でも大をもよおしてしまった場合、送迎の渡船が着岸した時に船長に一声かけて、船内のトイレを利用する事が出来ます。こればっかりは「出物腫れ物所嫌わず」ですから、未然に防ぐためにも・・・

  • 釣行日前日は暴飲暴食は控える
  • 暑いからと言って、冷たいものを取り過ぎない
  • 防波堤上でのビールは出来るだけ控えましょう(^◇^)

また、釣行日前日の睡眠不足も体調が悪くなって、良い釣りになり難いものです。
気合の上からでも、釣行日前日は良い子にしておく事がおすすめです♪

最後にゴミ問題ですが、これはアングラー各位の自覚の問題だと思います。

釣りに行く際には、たいていの場合、釣りエサ店などに立ち寄ると思いますが、ゴミ袋用に一枚ポリ袋を貰ってくれば良いです。
クーラーのサイドに結んでおけば、ゴミが散らからなくて良いです。

防波堤のタコ釣り


この記事へのトラックバック

カニとタコで確変
Excerpt: パチンコのある機種から発見した究極のタコ釣りポイント・・・
Weblog: 防波堤の釣りスーパーメソッド
Tracked: 2007-08-05 14:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。