飛ばしウキのサビキ釣り 炎の海釣り!

飛ばしウキのサビキ釣り

飛ばしウキのサビキ釣りは、有力な防波堤のアジのサビキ釣りの一つのフィッシングメソッドです。

アジは多くの場合、沖に走る本流付近に群れを作っている事が多いです。潮通しの良い場所が好きで、当然その付近には良型のアジが多く生息します。

昨今のサビキ釣りはアミエビを大量に使いますから、防波堤の直ぐそばまでアジがやってくる事も多いですが・・・

やはり超良型(波止アジにして30cmクラス!)の多くは飛ばしウキで潮通しの良いポイントを攻略した時に出るんですが・・・、これはあまり知られていないと思います。

大阪湾では、特に豆アジが本格的になる前のゴールデンウィーク明けから梅雨時分までに、この船釣りで釣るような大型のアジが釣れる事があります。
一番沖側の潮通しの良い沖堤の先端付近を飛ばしウキで狙う釣りですが、良い群れに当ると22cmから24cmの良型が三桁の釣果・・・、なんていうことにもなります。

炎の気合でやる防波堤のサビキ釣り!通常のファミリーフィッシングのサビキ釣り情報とはワケが違いますから、気合入れてお読み下さい。(^◇^)

飛ばしウキのサビキ釣り・釣り方は?

22cmから24cm、良型の波止アジ

大阪湾の防波堤では期間限定で大型(と言っても22cm〜24cmが中心で、時折25cmオーバー、中には30cmクラスまでですが・・・)が出ます。

夏休みに入ってしまうと、アジの群れ自体がマメアジに変わってしまうことが大半で、その場合は南蛮漬け用のアジの確保?になりますが、豆アジでも飛ばしで釣らないと全然釣れない時なんて言うのもあります。

飛ばしウキのアジのサビキ釣りはもはや、サビキ釣りの必須項目と呼んでも良いでしょう!

もちろん、この飛ばしウキのサビキ釣りを応用して、ハマチ(ツバス)の飲ませ釣りをしたりする事も出来ます。また、沖の流れの中を釣る事は、あなたの色々な釣りの引き出しを増やす意味も多分に含んでいます。

この釣りはサビキ釣りというよりも、カゴ釣りのイメージの方が強いです。
マキエサをする釣りは、何と言ってもキモになる部分は・・・

  • マキエとサシエの同調!

これなんですが、カゴ釣りはある意味、一番理に適っている釣りなんですね。
磯から真鯛や青物を狙う釣り、あるいは船釣りなどでは当たり前のカゴ釣りですが、防波堤の場合はサビキ仕掛け+アジ狙いで物にしてしまいましょう。

防波堤からのサビキ釣りの場合、多くの場合、下カゴ仕掛けで狙うのが定番的です。
また使用する釣具はロッドは磯竿(3号クラス)が扱いが良く、遠投をするため、巻上げが楽なように遠投タイプの物(硬いので巻き上げが楽です)、それに4000番クラスの大型のスピニングリールが扱いやすいです。

使用するサビキは市販のものでOKですが、長い距離を巻き上げてくるので、道糸とサビキ仕掛けの結束部分にクッションゴムを入れるなど、少し工夫をされると口切れが少なくなります。

カゴは25号から30号程度がおすすめで、基本的に力糸の使用はしないですから、道糸は5号から6号クラスがおすすめです。

ウキは遠投タイプの20号から25号、ウキ下は基本的に水深に合わせますが、メチャクチャ深い場合や水深が全然分からない時は、10m前後くらいから探っていく感じになります。(近況の釣果情報で釣れたタナが判っていればそれに合わせるの賢明です)

カゴにマキエ、それに遠投タイプのウキが付いてますから、仕掛け自体は相当な重量になってます。磯竿の使用は確かにおすすめですが、軟調のもの(具体的には2号以下)では、扱いが非常に悪いので、3号から上の号数を持っていくようにして下さい。
(高額な物は要らないです、隣接する釣具店に5000円前後くらいで売っているもので充分です)

アジはいれば当ってきますが、いない時は、仕掛けに何の変化も無いと思います。
この場合でも、できるだけ、一箇所に仕掛けを投入するようにして、その場所からマキエを拡散させるようにします。

アタリが遠ければ、潮に任せて、100m以上流してみるのも面白いです。
いたずらにポイントが遠くなりそうですが、仕掛けを打ち返す事で、だんだんと仕掛けの着水点にアジの群れが近くなってくるのが定番的で、マキエを切らさないようにするのが、この場合のキモになります。

なお、タナが全然判らないときは、ウキを外してみるのも有力。
着水と同時にカウントして、一定の速度で巻き取っていく感じでアジを誘います。


この記事へのトラックバック

防波堤の代表的な毒魚
Excerpt: ファミリーフィッシングでは良く毒魚が当たって来て困る事があります、代表的な毒魚について・・・
Weblog: 防波堤の釣りスーパーメソッド
Tracked: 2007-08-26 07:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。