名手のサビキ釣り 炎の海釣り!

名手のサビキ釣り

防波堤のアジのサビキ釣りの定番的な釣り方は、サビキ仕掛けを道糸にセットしてサビキの仕掛けの一番下部分にサビキ用のカゴを付けるだけの簡単な物が主流です。

夏場に豆アジが大量発生し出すと、単純に、この仕掛けに適量のアミエビを持っていればそれなりに釣れてしまうのがアジなんですね。

しかしながら、この単純極まりないアジのサビキ釣りでも防波堤の釣りを極めた人は拘った釣り方をする人もおられます。炎の気合で、アジをゲットする人々なんですね。(^◇^)(スゴイですよ・・・汗)

アジのサビキ釣りと言えばファミリーフィッシングの定番ですが・・・

ファミリーフィッシングを超越したアジのサビキ釣り@炎の海釣りバージョン!

お楽しみ下さい。

防波堤のアジのサビキ釣り

防波堤の釣りはアジ釣りに限らず、チヌやスズキ、あるいはグレや根魚など、何を釣るにしてもそうですが、防波堤の基本構造、これを知っているか知らないかで釣果は大きく変わってきます。

防波堤の基本断面図

図は、大阪湾の防波堤(筆者は大阪在住です)で定番的な基本構造です。まあ大阪湾以外でも大半がこういう構造をしていると思いますが・・・

防波堤に付く(あるいは付きやすい)魚の殆どが石積みに付いた小魚や甲殻類を狙いに来たり・・・

捨石(石積み)と海底の境目が駆け上がりになっている事が多いことで潮のヨレが出来やすいため、当然ヨレた所はエサのプランクトンが豊富だったりマキエがたまり安かったりするわけです。

早い話、防波堤の釣りではあまり上手でない人ほど遠くに仕掛けを入れることが多く、上手な人ほどこの捨石部分を上手に使った釣りをします。(まあ、100%じゃないですが・・・)

チヌやスズキを釣る話なら、こういう話をしている人も多いですが、アジのサビキ釣りも殆ど同じです。はやり駆け上がりは好ポイントになりやすく、駆け上がりに付いているアジをマキエで徐々に石積みの上の竿下ポイントまで寄せてくる感じで釣りを組み立てる・・・、これが防波堤のサビキ釣り@炎の海釣りバージョンのキモです。(^◇^)

少し前に仕掛けを投入する感じですが、最初は飛ばしウキを付けていた方が手返しは良いです。アジが当りだしたら、徐々に投入点を手前に寄せて、最終的にはウキも外して竿下にボチャンで釣ります。

ここで肝心な事は・・・

  • マキエサを切らさない
  • マキエサを底に溜めるような感じで手返しを多くする

こういうことですね。

朝マヅメはヨーイドンで捨石の上もOKです。案外辺りが暗い間は波止際にいたりします。
昼からの釣りの場合は、沖の潮目とか、防波堤の先端の流れの早い場所が狙い目です。

近況の釣果情報で、アジの爆釣が聞かれている時は、時と場合にも寄りますが、防波堤先端よりやや内側に陣を取って、ここに書いてある捨石にマキエを溜めるような釣りが勝ります。
群れが近くにいさえすれば、潮が入ってきた瞬間とかに鈴なりの爆釣を体験出来るでしょう。(^◇^)

アミエビは少し多めに持参すると、良い事が多いようですが・・・

防波堤の釣りスーパーメソッドのアジ釣りでさらに詳しく見る


この記事へのトラックバック

がまかつ(Gamakatsu) がま磯タモ網 GM817 ブルー 50-70
Excerpt: がまかつ(Gamakatsu) がま磯タモ網 GM817です。カラーのバリエーシ...
Weblog: がまかつのフカセチヌ釣り
Tracked: 2007-09-11 21:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。