防波堤のアジのサビキ釣り、ベストシーズンは? 炎の海釣り!

防波堤のアジのサビキ釣り、ベストシーズンは?

夏の終わりから秋口にかけては、アジのサビキ釣りの絶好の季節になります。
この時期は難しい小細工は必要ないです。

極端に言えば、誰がやってもそれなりには釣れる!
こういう釣りですね。

しかしながら、昨今は温暖化の影響等も加わって、チョット、アジのサビキ釣りが難しくなっていたりする年もあったりします。

炎の気合で釣るアジのサビキ釣りは、温暖化くらいに負けていてはいけません。(^◇^)

釣果情報をくまなく探る、防波堤の名人名手のサビキ釣りを細かい所まで研究して、そのまま実践してみる・・・

やれば釣れそうなノウハウなんて腐るほどあります。

まあ、サビキに関しては、難しい事考えずに、とにかく釣りに行けば何とかなりそうな気もしますが・・・(^_^;)

絶好機のアジのサビキ釣りも、一つ触れて起きましょう。

夏の終わりから秋口に掛けてのアジのサビキ釣り

防波堤からのアジのサビキ釣りは、全国的に見ても晩夏から初秋にかけてはベストシーズンじゃないでしょうか?

まあ水温の高い地域などは、年から年中アジは防波堤周りにいたりするかも知れないですが、私の住む大阪では、ナンと言っても夏の終わり(っつても暑い時期からですが)から秋口にかけてが一番アジは釣りやすいと言えます。

サビキで釣れた豆アジ

この時期のアジ釣りは難しい事は抜きでOKです。

仕掛けは、市販のサビキ仕掛けをセットして、下カゴ仕掛けでOKです。

確かに、マキエは少し多めに持っていた方が得策であったり・・・
日中に狙うよりマヅメを狙ったほうが良く釣れる、なんて言うのはありますが、既存数の絶対数がかなり多い時期です。
真昼間でも潮が入れば、アジは簡単に入れ食いになります。

難しい事は抜きに、とにかく釣りに行く方が賢いといえる時期ですね。

サイズ的には20cmまでのいわゆる豆アジが殆どですが、このサイズも天ぷらやから揚げ、それに南蛮漬けなどにすると、食卓は楽しいです。

簡単に100匹くらいは釣れますから、たらふく頂く事も出来ます。
とにかくアジ釣りに行きましょう。

尚、豆アジはサイズの良いものは人間様のエサにもちろんなりますが、サイズがイマイチのもの、それに青アジは、コイツをエサにすると、スズキやツバス(ハマチの幼魚)が遊んでくれたりもします。

いわゆる飲ませ釣りですが・・・

この釣りは、かなり気合入ります。(まさに炎の海釣り・・・笑)

これは別項で解説する事にします。

アジの食わせ釣りも楽しい・・・


この記事へのトラックバック

防波堤からのタチウオ釣り
Excerpt: 防波堤のタチウオ釣りは非常に人気のある釣りですが・・・
Weblog: 防波堤の釣りスーパーメソッド
Tracked: 2007-08-16 22:31

岸和田一文字のカレイの釣り方と仕掛け
Excerpt: 大阪湾のカレイ釣りのメッカと言えば岸和田一文字、ここの名人直伝の釣りを紹介
Weblog: 防波堤の釣りスーパーメソッド
Tracked: 2007-08-26 04:18

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 インテッサG−IV 1号−5.3m
Excerpt: 1号のロッドは防波堤の釣りがメインの方は、徹底的に拘っちゃうと面白いのですが・・...
Weblog: がまかつのフカセチヌ釣り
Tracked: 2007-09-11 12:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。