外道で練習する 炎の海釣り!

外道で練習する

磯の上物の釣りはもちろんグレを中心に狙いますが・・・
グレは40cmを超えてくると、引きもそれなりに強くなってきます。

当たり前ですが、大型のグレは取り込みが難しく、せっかくの良い潮に当たって、良グレが当たってきてもブチブチ切られてしまって貧果に終わる・・・、なんていうのもよく聞かれる話ですねぇ・・・

せっかく当たってきた良型、あるいは大型のグレは、できるだけ確実に取り込みたい・・・

誰がグレ釣りしたってこう思われると思います。

取り込み確立を上げる、メチャクチャ良い方法・・・

それは・・・

サンノジとイズスミで練習する

磯釣りに限らず釣りでは外道は付き物です。

サンノジです・・・汗

磯のグレ釣りの場合、色々な外道が釣れますが、その中でも「お前はグレより強い・・・」、こういうヤツがたくさんいるわけですね。

外道は比較的簡単に釣れたりします、って言うか掛かってきます。
せっかく強いのが掛かってくるのですから、これらの外道を相手に取り込みの練習をしておくと、いざ大型のグレが当たってきた時には、幾分かは余裕が出来ていたりするわけですね。

引きの強い外道は・・・

  • グレより掛けるのは簡単で・・・
  • サイズによってはグレより取り込みが難しい・・・

こういうヤツが色々いるわけですね。

真鯛や青物、それにイサギやチヌ、こういった外道は、場合によってはグレよりも嬉しかったりもしますが・・・

サンノジ(ニザダイ)にイズスミ(イスズミ、キツ)、こいつ等は、非常に厄介なエサ取りであり、外道であります。
しかしながら、この両者の良型から大型のものは、「取り込み」って言うのを考えた場合、格好の練習相手になるわけですね。

サンノジもキツも、歯が鋭いですから、飲まれると非常に切られやすくなります。
それに、45センチを超えてくると、まあ、1.5号くらいのロッドならば、ロッドのポテンシャル全開にしないと、取り込めないヤツなんて言うのもいるわけですね。

外道だと思って、馬鹿にせずに、シッカリと取り込みを練習する・・・

ここから学べることは・・・

  • タックルの限界(特にロッドの限界)が分かるようになります
  • ライン(特にハリス)の限界が分かるようになります
  • シモリやハエ根に飛び込んでいきますから、障害物の位置が分かるようになります
  • もちろん、タモ入れの練習も出来ます。

あまりたくさん掛かってくるとウザイですが、適度に掛かってくるには、退屈はしないですし、数を釣ることで、だんだん取り込みが上手になってきます。

三発くらい、キツが掛かって来たところで、そのポイント、諦めたりしてないですか?
(まあ、場合によっては、諦めるかも知れないですが・・・)

特に、グレ釣りを始めたばかりの人は、ぜひとも本項を参考にして、外道と言えども、頑張って取り込みまで持っていってください。

尚、外道を馬鹿にしたような表現をするグレ釣りの名手もたくさんおられると思いますが・・・

そういう人に限って、人一倍外道は釣ってきているはずです。

美味しい外道も、美味しくない外道も、立派な魚釣りですから・・・
粗末に扱わずに、シッカリと取り込んで、その後にリリースするようにして下さい。


この記事へのトラックバック

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 インテッサG−IV 1.25号−5.0m
Excerpt: このモデルは5.0mと言う事で操作性重視ですが、インテッサ特有のパワーがあります...
Weblog: がまかつのフカセチヌ釣り
Tracked: 2007-09-11 11:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。