フカセ釣りのチヌ 炎の海釣り!

フカセ釣りのチヌ

私は大阪在住と言う事で、防波堤はメインにチヌを狙ったりしてます。
大阪湾は「チヌの海」と言われるくらい、チヌの魚影は濃いです。

大阪湾のチヌは大きく分けて・・・

  • 落とし込みで釣る
  • フカセ釣り(オキアミエサ)で釣る
  • ウキ釣り(シラサエビ)で釣る

代表的な釣り方としてはこんな感じだと思います。

釣り人口的には落とし込みが多そうですが、落とし込みはメインの釣期が夏場になるのに対して、ウキ釣りやフカセ釣りは一年中これらの釣りで狙えたりもします。
と言っても、最近ではサシエサの研究等が進んで、落とし込みも年から年中釣れるみたいですが、このサイトを書いている私が落とし込みは殆どしないので、ここでは落とし込み釣りに関しては割愛させていただきます。

と言うわけで、足を止めたウキ釣りとフカセ釣りで狙うチヌ釣りお送りしようと思います。

防波堤のフカセ釣りのチヌ

防波堤は磯などと比べれば、潮がトロくてエサ取りも多く、フカセ釣りは不向きと以前は見られていました。
しかしながら、フカセ釣りの釣具やエサ(集魚剤とか)、それに釣り方や考え方が変わってきてから、防波堤でも十分にフカセ釣りでチヌが釣れる事が分かってきたのですが・・・、それが何年前かしら・・・?(昔話をしているおっさんです・・・ハイ)

年無し連発♪

ここのところ、確かに大阪湾もアジやイワシ、それに子サバなどが異常に大量発生して、フカセ釣りは釣りにならなかったりしたこともあったのですが、それでもエサ取りの少ないポイントや時間帯を見計らって、現在でも多くのチヌが仕留められています。

この釣りは手軽で、しかもローコストでイケます。さらに言うと、夢のある50cmオーバーのいわゆる年無しチヌも充分に狙えます。

大事なことはそうですね・・・

基本に忠実にやる

このくらいですね。

では、防波堤からのチヌのフカセ釣りで基本と呼べる部分を書いておきますから、当サイトの情報が信じられる人は、その通りにやってみてください。(^◇^)

防波堤のフカセ釣りの基本
  1. 渡船店、釣りエサ店の最新の情報どおりにやる(釣れている場所とか、タナとか・・・)
  2. ここと言う渡船店、釣りエサ店を決めたら、暫くは何処にも浮気しないで通う
  3. ホームグランドに決めた防波堤の構造を勉強する
  4. 暫くは、釣れなくてもフカセ釣りで頑張る

釣りの情報通りにとりあえずはやってみることです。
最初から最後まで、情報どおりの一辺倒ではダメですが、何の手がかりも無いままにやるよりかは、はるかにマシだと思います。(経験から、これが一番釣れたりもする・・・汗)

フカセ釣りは、確かに情報が大事になる事が多いですが、それよりも大事なことは、「フカセ釣りが上手な人になる」ことです。

おおよそ、釣りの上手な人は、自分のホームグランドと呼べる場所があります。通うことで、ポイントが見えてきたり、色々な人の力を借りたりすることも出来ます。ある程度の実力と、人間関係が出来るまでは、暫くはあまり浮気はせずに、一箇所に通う方が釣りは上手になります。

で、通うことによって、色々な状況を釣る事になりますから、ホームグランドのそこまで分かるようになってきます。(防波堤の構造が理解できるわけですね)
こういう状態になると、魚が釣れるのが当たり前のようになります。

この状態に持ち込むには、あまり色々な釣りはせずに一つの釣り方にこだわっていた方が、遠回りのようで近いです。フカセ釣りならフカセ釣りで暫くは通う方が賢明なんですね。

防波堤のフカセ釣りの基本と言うよりは、防波堤の本格的な釣りの基本と呼んでも良いかも知れないですね。
まあ、フカセ釣りは他の釣りに比べるとチョット難しいので、こういう基本に忠実にやった方が得策かもしれないです。

場所、釣り物、釣り方を絞れば、コスト的にも随分楽になると思います。
ぜひ参考にしてみて下さい。


この記事へのトラックバック

大阪湾のカレイの投げ釣り
Excerpt: 大阪湾のカレイの投げ釣りは、クリスマスカレイなんて呼ばれて冬の風物詩の一つとなっています。
Weblog: 防波堤の釣りスーパーメソッド
Tracked: 2007-08-26 02:09

がまかつ(Gamakatsu) がま磯タモ網 GM817 レインポー 50-65
Excerpt: がまかつ(Gamakatsu) がま磯タモ網 GM817です。カラーのバリエーシ...
Weblog: がまかつのフカセチヌ釣り
Tracked: 2007-09-11 21:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。