ボトムを狙うフカセ釣りのチヌ 炎の海釣り!

ボトムを狙うフカセ釣りのチヌ

大阪湾のフカセ釣りのチヌ狙いでは、一般的な遊動仕掛けで釣りをする人が殆どです。

これは大阪湾の場合、フカセ釣りで釣れるチヌの殆どがボトムで食ってくるからに他ならない・・・
まあ、これが理由だったりすると思います。

私は、夏場なんか特にそうですが、二段ウキの仕掛けでベタ際の1ヒロ半食らいの所を狙ったりして実績持ってるのですが・・・

その話をしても、多くのアングラーは殆どボトム一辺倒の狙いです。

まあ、これはこれでOKと思います。
かく言う私も、秋から冬にかけてのフカセ釣りでは、殆どボトム一辺倒で狙いますし・・・
夏場でも、トップからシャローに当たりが無ければ当然、捨石にタイトにボトム一辺倒で狙ったりします。

というわけで、大阪湾のチヌのフカセ釣りでは、最も確立が高いと思われるボトムを狙ったフカセ釣りのチヌ釣りをお届けします。どうぞ参考にして下さい。

防波堤の基本構造を知る

大阪湾の防波堤はたくさんの釣りが大好きなアングラーでにぎわいます。

当たり前ですが、釣りの上手な人もたくさんいます。対して、あまり上手でない人、これもたくさんおられます。防波堤の基本構造図

こんなん、仕方が無い事ですね。釣りは経験がまともに物を言う遊びです。ビギナーズラックは確かにありますが、中長期的に見ると、ベテランアングラーが圧倒的に有利です。

これについては、いろいろ調べて解っている事があるのですが、その話は、私の別サイトでお楽しみいただくとして・・・
ここでは、チョット面白いベテランアングラーの“傾向”と言う物を見てみましょう。

大阪湾の釣りの場合、ベテランアングラーで釣りの上手なアングラーほど・・・

手前を釣る(具体的には波止から竿2本程度(約10m)までを釣ると言う事)

こういう傾向があります。

これはナンでか?
こんなん簡単です。手前の捨石と捨石と海底の境界線部分の駆け上がり、ここを丹念に探りを入れながら釣るからですね。

防波堤の基本構造が解っているから、このような攻めになるわけです。
対して、釣りに慣れてなくて、あまり上手でないアングラーほど遠投して釣りたがります。

まあ、名手に学ぶ意味も含めて・・・
防波堤の基本構造を利用した釣りと言うものを考えて見ましょう。

チヌは石を釣れ!

「チヌは石を釣れ」、これ、チヌのフカセ釣りの格言の一つですが、この格言に従順に釣るなら、防波堤の基礎部分の捨石を丹念に探りを入れて釣るのが一番賢い釣りと言っても過言ではないでしょう。

一般的にチヌは決まった捕食ルートを辿って、捕食に精を出すと言われています。

これは、私も経験から、当たっていると思います。しかしながら、この捕食ルートは捨石沿いと際のイ貝沿い、際のボトムに沿って行く物もあれば、駆け上がりの上を行くもの、下を行く物と、いろいろなチヌがいると思います。

大阪湾の場合、時合いは、比較的読みやすく、潮が入ったことをウキから察知できれば、おおよそアタリを拾うことができるのですが・・・

この時合いのときに、捨石を釣っていたら、捕食に来たチヌのルートはイ貝の層だった、なんて事になると、アタリは取れないわけです。

まあ、こういうことも有るには有る、このくらいで読み流していただいてOKと思います。
基本は捨石です、ボトムの釣りです。ここをシッカリと釣っていれば、時合いが来れば、何かが針に乗って来ます。このタイミングを外さずに釣りたいところです。

ボトム狙いのチヌの場合、基本は、竿下にポチャンと入れて、やや斜め後ろに立って、仕掛けに張りを入れます。駆け上がりを狙う場合は、真っ直ぐに仕掛けを投入してもらってOKです(潮が流れている場合は潮上に仕掛けを投入)。

ボトムを狙う場合、サシエサが底一杯にサスペンドするようにウキ下を調整します。流れもそう強い場所が無いので、ウキにかぶせるくらいでOKの場所が多いです。

仕掛けは、流れが無くともウキは3B程度が扱いやすいです。底をシッカリと取るためですね。

これで、際からの距離でいろいろと探りを入れていく釣りになります。

具体的には際から3mのライン、6mのライン、9mのラインと3メートル間隔で、ボトムを波止と平行に流す感じです。

ウキ下はそのポイントによって異なるので、具体的な数値は書きにくいですが、基本的に3mライン(捨石の上)よりも6mライン(駆け上がりの上部分)がやや深く、9mライン(駆け上がりの下部分)は3mラインよりも1ヒロから2ヒロくらい深くなっている場合が多いです。

小まめなウキ下の設定、それに伴って、ウキのローテーションがある程度必要です。それに伴って、ガンダマの多少ワークする必要があります。

一種類の仕掛けで、潮が入ったら釣れる釣りもありますが、炎の気合で釣るフカセ釣りではありません。
潮任せは気合が悪いのです!(笑)

まあ、釣れりゃ、それはそれで良し!
こうとも思いますが・・・


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。