駆け上がりを釣る、フカセ釣りのチヌ 炎の海釣り!

駆け上がりを釣る、フカセ釣りのチヌ

防波堤のフカセ釣り(ウキ釣り)は、チヌを狙う場合、おおよそ3通りのパターンがあります。

具体的には・・・

  1. 際のイ貝の層に捕食にやってきたチヌを狙う
  2. 竿下(際から3mから5m)の波止の基礎になっている捨石の上を狙う
  3. 波止の基礎石を本来の海底の境界線分(駆け上がりになっている箇所)を狙う

(1)と(2)はエサ取りとの壮絶なバトルが予想されます。チョット根気が要る釣りですが、チヌが回ればエサ取りがてき面サシエを触りに来なくなったりしますから、解りやすいと言えばわかりやすい釣りなのですが・・・

まあ、流せる時間が時間的に一番長くなる駆け上がり付近をシッカリと釣るのが、最もポピュラーな釣りと言う事になります。(実際ここを釣る人が一番多いと思います)

通ってポイントに慣れて来ると、水深が的確に掴めたり、シモリの位置、捨石の崩れ具合などが分かるようになってきます。これは「底まで見えている」と表現されますが、理想はこのようなアングラーになる事だと思います。

しかしながら、時間的にも釣行費的にも相当なパワーが必要だと言う事は・・・
こんなん書かんでも解りますよね・・・?(^_^;)

というわけで、本項は、駆け上がりのフカセ釣りのチヌの裏技的な内容を流します。参考にして下さいね。

フカセ釣りの仕掛けを駆け上がりに這わせる

駆け上がりを狙うフカセ釣りのチヌ

本項は、私の経験から、比較的効果の効果の高かった、ガンダマの打ち方ですね、これをお届けします。

大阪湾の防波堤の基礎石部分の駆け上がりは、場所によって、若干の違いはあるものの、良く似た構造をしています。具体的には水深が10m前後までの場所に作られた防波堤は、駆け上がりの先の一番深い場所と、駆け上がりの始まりの部分(駆け上がりの上部分)とでは、おおよそ1ヒロ(1.5m)の水深差になっている場所が多いです。

このため、ウキ釣りでボトムを狙う場合は、駆け上がりの上を狙うか、駆け上がりの先を狙うかで設定するタナが変わってきます。これがボケると上手くいかなかったりします。

私の見たところ、この見極めと、狙いの筋をシッカリと流せるかどうかで、かなり釣果は変わってきます。まあ、ウキ釣りの場合は、仕掛けがほぼ真っ直ぐに立ちますから、客観的に考えても、当たり前と言えば当たり前です。

フカセ釣りの場合も同様に、タナにシッカリとサシエをサスペンドさせる事ができるかどうか?
これが成否を握っています。

image-kakeagari001.jpg

しかしながら、フカセ釣りの場合、ウキ釣りほどタナにシビアになる事もない、これも事実だと思います。

基本的に、ハリス部分を長く取るフカセ釣りは、大阪湾でチヌを狙う場合、サシエを漂わす、これがキモです。オモリ(ガンダマ)でシッカリと狙っているタナまで仕掛けを届けたら、そこから先のハリス部分を、できるだけ軽くして漂わせるように心がけるのがベストでありキモになります。

駆け上がりに、この概念を持ち込む場合、図のように、落としオモリと言われる、道糸ハリスの結束部分に打つオモリと、ハリスオモリ(ハリス部分に打つオモリ)をワーク(工夫)すると上手くいく場合が多いです。

なるべくサスペンド(漂わせる感じ)を強調したいですから、本来はハリスオモリは打ちたくないところですが、駆け上がりにタイトに攻める場合、落としオモリから80cmの位置に小さなガンダマ(具体的にはG3からG5程度)で、ハリスを図のように駆け上がりの底にぶつけるくらいで、この傾斜を上手くタイトに攻める事が出来ます。

表面に流れが無い場合、段シズには打たなくても良さそうですが、駆け上がり付近は、沖からの潮と波止にぶつかった潮が、ベタナギでもややもみ加減になる場所です。見た目以上に、仕掛けに圧力が掛かっていると推測する方が無難です。

できるだけサスペンド性を高める意味で、ハリスオモリはハリスの中央より上に打ちます。ハリスオモリは、傾斜にタイトに仕掛けを馴染ませるのと同時に、もみ加減の駆け上がりにあって、仕掛けを安定させる重要な意味も含みます。

これぞまさに「チヌは石を釣れ」の極意!
と自慢のガンダマです!

大阪湾にフカセでチヌを釣りに行く人は、どうぞ参考にしてみてくださいね♪

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65836150
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。