防波堤のアジ釣り 炎の海釣り!


防波堤のアジのサビキ釣り、ベストシーズンは?

夏の終わりから秋口にかけては、アジのサビキ釣りの絶好の季節になります。
この時期は難しい小細工は必要ないです。

極端に言えば、誰がやってもそれなりには釣れる!
こういう釣りですね。

しかしながら、昨今は温暖化の影響等も加わって、チョット、アジのサビキ釣りが難しくなっていたりする年もあったりします。

炎の気合で釣るアジのサビキ釣りは、温暖化くらいに負けていてはいけません。(^◇^)

釣果情報をくまなく探る、防波堤の名人名手のサビキ釣りを細かい所まで研究して、そのまま実践してみる・・・

やれば釣れそうなノウハウなんて腐るほどあります。

まあ、サビキに関しては、難しい事考えずに、とにかく釣りに行けば何とかなりそうな気もしますが・・・(^_^;)

絶好機のアジのサビキ釣りも、一つ触れて起きましょう。

続きを読む

名手のサビキ釣り

防波堤のアジのサビキ釣りの定番的な釣り方は、サビキ仕掛けを道糸にセットしてサビキの仕掛けの一番下部分にサビキ用のカゴを付けるだけの簡単な物が主流です。

夏場に豆アジが大量発生し出すと、単純に、この仕掛けに適量のアミエビを持っていればそれなりに釣れてしまうのがアジなんですね。

しかしながら、この単純極まりないアジのサビキ釣りでも防波堤の釣りを極めた人は拘った釣り方をする人もおられます。炎の気合で、アジをゲットする人々なんですね。(^◇^)(スゴイですよ・・・汗)

アジのサビキ釣りと言えばファミリーフィッシングの定番ですが・・・

ファミリーフィッシングを超越したアジのサビキ釣り@炎の海釣りバージョン!

お楽しみ下さい。

続きを読む

飛ばしウキのサビキ釣り

飛ばしウキのサビキ釣りは、有力な防波堤のアジのサビキ釣りの一つのフィッシングメソッドです。

アジは多くの場合、沖に走る本流付近に群れを作っている事が多いです。潮通しの良い場所が好きで、当然その付近には良型のアジが多く生息します。

昨今のサビキ釣りはアミエビを大量に使いますから、防波堤の直ぐそばまでアジがやってくる事も多いですが・・・

やはり超良型(波止アジにして30cmクラス!)の多くは飛ばしウキで潮通しの良いポイントを攻略した時に出るんですが・・・、これはあまり知られていないと思います。

大阪湾では、特に豆アジが本格的になる前のゴールデンウィーク明けから梅雨時分までに、この船釣りで釣るような大型のアジが釣れる事があります。
一番沖側の潮通しの良い沖堤の先端付近を飛ばしウキで狙う釣りですが、良い群れに当ると22cmから24cmの良型が三桁の釣果・・・、なんていうことにもなります。

炎の気合でやる防波堤のサビキ釣り!通常のファミリーフィッシングのサビキ釣り情報とはワケが違いますから、気合入れてお読み下さい。(^◇^)

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。